消費者金融カードローンを内緒で借りるための重要ポイント!


内緒で借りるポイント現在は消費者金融のカードローンを利用している人が非常に多くなっていますが、やはり消費者金融からの借金であるために、利用していることを誰にも知られたくないという人が少なくありません。

他人ならともかく、一緒に住んでいる妻(夫)や家族に知られずに借りる(利用する)のは結構大変です。

ただ、内緒で利用することが不可能かというと、そうでもなく、方法が無いわけではありません。

そこで、消費者金融カードローンを誰にも知られずに内緒で利用するために重要となるポイントを説明したいと思います。

カードローン借入がばれてしまう原因は郵便物が最も多い!

妻に開封されたらバレるまず、おお金を借りているところや返しているところを見られるというのは、よほどの注意力散漫な人なので救いようがありません。

ATMの画面を直接見られるというのは、注意しておけば防げることです。

その他に店頭窓口や無人店に出入りしているところを見られる場合もあります。

店頭窓口や自動契約機(無人店)は審査等も早く、直接担当者に聞くことができるので、スピードを求めるならば来店することが1番の方法でしょう。

しかし、その現場を見られることは借入していると判断されてしまうので、絶対に内緒で借りたい!と思っている人は店頭窓口や自動契約機は避けるべきです。

ただ、来店で借入がばれてしまうケースはごく稀であって、カードローンの利用がばれてしまう原因のNo.1は、業者から送られてきた郵便物を見られてしまうことです

ポイント説明男性イラスト自宅に郵送されてくる郵便物には貸金業法の規制によって業者(カードローン会社)の名前は載っていませんが、それでも同居の親や配偶者から不審がられるのは間違いがありません。

いくら本人宛に郵便物が届いていても、妻や親などは怪しいと思った瞬間にその場で開封して見てしまうでしょう。

過去に借金がばれたことのある人ならばより一層郵送物は厳しくチェックされているはずです。

中には、郵便物の受け取り時に本人確認を必要とする、本人限定受取で郵送してくれる金融機関もありますが、ごくわずかといえます。

そこで、カードローン会社がなぜ郵便物を送ってくるのか?またどんな時に郵送するのかを理解することが内緒で借りる上で最も重要なことになってきます。

カードローン会社が郵送するケースと郵送物を回避する方法

郵便物回避のイラスト
まず、カードローン会社から郵便物が送られてくるケースは以下の時です。

【自宅に郵送物が届くケース】
1.申込完了後にローンカードを送付する。
2.申込完了後に契約書を送付する。
3.借入、返済ごとに利用内容を記した利用明細書を送付する。
4.返済の延滞に対する督促状を送付する。

1の「ローンカード」と2の「契約書」に関しては、自分から取りに行けば送られることはなくなります。現在、大手消費者金融は駅前や幹線道路沿いに「自動契約機」を設置しており、契約申込の受付だけではなく、審査からカード発行、契約書の作成、増額までできるようになっています。

また、最近はインターネットを利用してカードローンに申し込むことができるようになっていますが、インターネットから申し込んだ場合でも、審査に通った段階でカードと契約書の受取を郵送ではなく、自動契約機で行うことを選択できます。

この方法で上記の郵送物でのカードローンばれの1と2は解決するといえるでしょう。

ただし、カードローンを扱っている金融機関の中には、自動契約機を設置していない所もあります。

その場合は、カードレス契約できない限り、ローンカードや契約書類は郵送での発行しか出来ません。

カードローンの利用明細書は電子媒体によって郵送なしが可能に!

利用明細書はwebでチェック3の利用明細書に関しては、利用明細書の発行自体を拒否することは法律上できません。

その利用明細書ですが、実は過去、利用明細書は紙媒体によるものしか認められていませんでしたが、近年、電子媒体(WEB上での確認)による発行が法律上可能になりました。

つまり、書類で受け取らなくてもネット上で利用内容を確認できれば良いということです。

従来、ATMから借り入れる場合はATMから利用明細書が発行されるため、利用明細書が自宅に送られてくることはありませんでしたが、銀行口座への振込キャッシングや口座引落による返済の場合は利用明細書を郵送で受け取るしかありませんでした。

そのため、自宅に送られる利用明細書によって借入がばれてしまうケースも多く、振込キャッシングは使いづらい面が多かったのです。

しかし、電子媒体が可能になったことで、電子媒体による確認の手続きをすれば振込キャッシングも口座引落も利用明細書が送られてくることはなくなりました。

電子媒体による確認の手続き方法は非常に簡単で、例えば、プロミスの場合はホームページの会員サービスにある「書面受取方法の設定選択」の画面で、「ホームページのWEB明細を確認」にチェックを入れるだけです。

アコムの場合も、ホームページある会員サービスにログインし、書面の受取方法で「アコムホームページで確認」を選択すれば完了です。

ちなみに、電子媒体での確認ができないカードローンの場合は借入も返済もATMだけで行えば、利用明細書の送付は起こりません。これで、3の利用明細書は解決できます。

なお、4の延滞による督促状は防ぐことができません。カードローン会社も延滞している場合は回収を第一に考えます。

ただ、返済が遅れそうな時は延滞前に速やかに業者に連絡すれば、督促状の郵送を回避することができます。

それもしなくて督促状が来た場合は、自業自得と思って諦めるしかないでしょう。

郵送物なしの消費者金融カードローンならモビット

先述したプロミスやアコムでも勿論、延滞などがない限り郵送物なしでカードローンの利用は可能です。

しかし、さらに大々的に郵送物なし!を売りにしている消費者金融モビットがあります。

モビットでのWEB完結カードローン契約なら、すべてネットでローン利用が可能になります。

ただし、モビットでWEB完結ローン利用をするには三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座が必要となるので、その二行の口座がない場合は口座開設が必要になります。

カードレスで利用すればローンカードなる借金の証拠品も手元に置かなくていいですし、カードの郵送もありません。

振り込みキャッシングでの借り入れとなるので、一度自前の口座にお金が入り直接ATMから借り入れをすることもないので、領収書などの発行も避けられます。

かといって、ローンの利用明細などが一切確認できないわけではなく借り入れ状況は、ネットの会員ページやモビットからのメール通知によって可能です。

借り入れは、振り込みで融資されたものを銀行のキャッシュカードでATMなどから引き出すだけですから、まさか借金をしているとは思われません。

誰かに見られたとして、ただ現金を口座から引き出しているだけです。

返済に関しても、口座振替で約定返済日に自動で返済額を引き落とされるので、わざわざATMなどに行く必要もなく人目に触れることもありません

加えて、モビットは申し込み時の電話連絡も不備や問題がなければありません。メールでのやり取りとなります。

その為、お金のことに関する電話をしているという状況も避けることが出来ます。

勤め先への直接的な電話による在籍確認も基本的にはないですが、社会保険証や組合保険証など働いていると証明できる物での在籍確認があるので用意をしておきましょう。

時に、モビットのWEB完結で最短即日融資をカードレスで行うには平日の14:50までに契約を完了し、融資依頼をネットからする必要があります。

振り込みによって指定口座にお金が入るので、モビットの提携銀行が機能している時間(まず、平日の夕方以降や土日は即日融資不可)でないと融資がされないという事に注意が必要です。

モビットの公式サイトはこちら⇒

ちなみに、モビットはローンカード発行での契約も可能で、自動契約機もありますが、カード発行申し込み契約をする場合は、契約書類が自宅郵送となるので注意が必要です。

モビットカードローンでも、郵送物なしに出来るのは、WEB完結申し込みからの契約のみとなっています。

銀行カードローンは郵送物が避けられない?

カードローン契約は、消費者金融だけでなく銀行でも可能なわけですが、銀行の場合も郵送物でのカードローンばれで注意したいのは、上述してきたことと同じです。

ただ、銀行場合は銀行名で送られてくるので、そこまで家族が受け取っても怪しまれることはないかもしれません。

しかし、中身を見られローンカードだと知られてしまうと、いずれにしても借り入れがバレてしまうといえます。

銀行カードローンの場合注意したいのは、自動契約機を有していない銀行がある事です。

すると、せめてローンカードだけでも自動契約機で受け取るという方法がとれません。

加えて、銀行カードローンでは、キャッシュカードもしくはローンカードの発行は絶対で、カードレス契約が出来ません。

では、どうすれば良いか?といえば、既に銀行口座がある銀行のカードローンをキャッシュカード一体型ローンとして契約する方法が挙げられます。

銀行カードローンは、手元に契約先の銀行のキャッシュカードと銀行口座があることで、ローンカードではなく普段のキャッシュカードにローン利用可能な機能を付けることが出来ます。

そうすることで、ローンカード自体の郵送はなしになり、送られてくるのは契約関連の書類のみにすることが可能です。