カードローンの延滞による「罰金」とは?遅延損害金の説明


延滞して延滞料を請求されてる女性画像
貸金業者や銀行からする借入、ローン契約(金消契約)のことを金銭消費貸借契約といいます。字の通りお金が絡む貸し借りについて契約という形で借りた分と同じ分を返す約束をすることです。

一般的には、後に問題があって約束を踏み倒されないように契約時に借用証書が作られますがこれを金銭消費貸借契約証書といい契約完了後に控えが渡されます。

延滞による遅延損害金はカードローン契約書に記載されている

説明男性イラストこれには契約の内容が記されているわけですが、ここにも契約の必須事項として返済期日やそれを破った際の遅延損害金(遅延利息とも)についても記されています。

とはいっても、なかなか契約後の控えをじっくり見る人は少ないのではないでしょうか?新しく専門的なものを買っても説明書を読まずに使うことがあるように、お金も融資さえしてもらって使えればそれでOK…なんていうのはとても危ういです。

返済日の確認をすることは貸し借りにおいて重要ですし、意識することで残高がなくて約定日にうっかり支払いが出来なかったなんて事も防げる可能性があります。

また、実際に故意ではないにしろ延滞してしまった際に融資やペナルティがどうなるのか把握できていないと不安は余計に大きいです。そして、何より気づいた時にはペナルティが既に発生していた…なんていうのは怖いと思いませんか?

そんなつもりがなくても、約束を破ればどういうことかの確認が相手から入るのは当然です。法改正により脅迫的な取り立ては違法ですし、現代ではまず無理やりな催促はありませんが連絡先に電話やはがき通知が届きます。

それを無視するなんて言うことはどう考えても契約違反です。催促を無視し延滞をひたすらに続ければ、もちろん信用には傷がつきますし、カードローンでの借り入れは出来ません。
最終的に債務不履行とみなされ契約の解除と共に損害請求をされる可能性もあります。

債務不履行とは・・・

債務はローン契約でいうと、借りた金額を契約に基づき返済する義務のことを指します。その返済義務がローン契約者(債務者)によって果たされないことを不履行といいます。
貸付側(債権者)は、その場合に強制的に契約に関わる何らかの請求をする権利を持っています。その権利を以て、契約者に義務を果たすよう促すことを強制履行といい、これはさらに二段階に分けられています。
遅延損害金の段階であれば間接強制、この後に契約者に債務を果たす意思が見られない場合、直接強制へ進み返済に充てられるもの(金銭含む不動産などの財産)の差し押さえや損害請求をされます。
強制履行の手段や段階は、その権利を持つ貸付側によって決められ、契約者は履行不能(返済に充当するものが何もない状態)でない限り、貸付側が提示した内容に従う必要があるのです。

 

つまり、そのような不測の事態が金銭の貸し借りであった際に契約内容の証明となるのがこの金銭消費貸借契約なのです。

遅延損害金とは、通常利息とは別の遅れた日数分の罰金

日数分の遅延損害金画像
遅延損害金とは端的にいうと、上記の契約の際に約束した毎度の支払い期日を過ぎたことによるペナルティで返済額や利息と別に支払わなくてはいけない罰金です。

時に、上述した金銭消費貸借契約では利率によって遅延損害金の額が決まるため、遅延利息とも延滞利息ともいわれたりするので利息分と混同しがちです。

ちなみに昔は遅延損害金は通常利息の2倍まで取っても良いとされていましたが、今の上限金利が20%に下がってしまっているため、MAXで利息を取ったとしても遅延損害金の上限は20%となります。遅延損害金の金額は以下の計算のように求められます。

借入残高×遅延損害金年利率÷365日(うるう年は366日)×延滞している日数

遅延損害金利率は銀行や消費者金融各社によってまちまちです。そのあたりは借用証書の控えにあればそれを確認するもしくは公式のHPなどでローンプランを確認することをお勧めします。
一応ここでも、カードローンで有名な一部の金融機関の遅延損害利率を掲載しておきます。

金融機関遅延損害金利率(年利)
みずほ銀行19.9%
三井住友銀行19.94%
三菱東京UFJ銀行借り入れ利率と同じ(4.6%~14.6%)
オリックス銀行借入残高に対し借入利率+2.1%
プロミス20.0%
アコム20.0%
アイフル20.0%

消費者金融は基本的に遅延損害金の金利上限いっぱいまでの利率となっています。この中では、三菱東京UFJ銀行の利率がその時の借り入れ利率と同じという事で低めとなってはいます。
しかし、そもそも返済の遅れがなければ発生しないのが遅延損害金ですから、このような数値でカードローンを選択するよりも通常金利やそれこそ延滞しないような自分に合った返済が出来るローンプランで契約するカードローンは選択しましょう。

加えて、具体的にいつからペナルティが付くのかをはっきりさせておかないと元金にも金利にも関係のない部分で無駄な支出をすることになります。
遅延損害金が発生するのは期日を過ぎてからが大前提ですが、期日の翌日には既にペナルティが付く場合もあれば幾日か猶予がある場合もあります。

指さし男性イラストここで、返済が出来ない又は出来なさそうな場合は期日以前に借入先に返済日の変更(リスケジュール)を相談することが大切です。初期の段階であれば、信用情報に響くことはありませんし、連絡もしないままに放っておいて良いことはないと思います。

銀行は難しいようですが、消費者金融の場合は遅れる前に連絡をすればある程度の日数は待ってくれます。(遅延損害金は発生しますが。)

その代り、その期日さえ破ったり、2、3ヶ月以上延滞を放置していた場合には貸付側の請求によっては期限の利益の喪失となります。

期限の利益とは、取り決めた返済日までは借りたお金が使ったことで、増えようが減ろうがその日までは返済に充てる事をしなくてもいい借り手側の権利ですから、これを失うという事は一括での返済を求められ恐れがあるという事です。こうなると、遅延損害金もさることながら残高分を一気に支払わなくてはいけないので、絶望的です。

カードローンで延滞すると分かった場合はすぐに連絡!

ポイント説明男性イラストカードローンの返済が遅れてしまう(期日までに返済ができない)ことは、本人が一番よく分かっていることで、早ければ1~2週間前には分かることでしょう。一番肝心なのは、その分かった時点で、誠意をもってカードローン会社に連絡をするということです。

金融機関のカードローンについて、よくある質問などの項目に「返済が間に合わない場合は?」というような質問もあったりしますが、大体どこも一様に早めに連絡をするように。といった内容で答えています。
その際に、延滞金と次回返済できる金額を併せた額を聞いておくと、申し出た返済までにいくらお金が必要か具体的になるので、ただ単に延滞の旨と返済日の変更を申し出るだけでなく、支払う意思があることも伝えると良いでしょう。

返済日までにまだ1週間程度日にちがあった場合、借りてる人の心理は「まだ1週間あるから返済日になったら連絡しよう」と思ってしまうのは当然のことですが、カードローン会社から見た場合、連絡は早ければ早いほど誠意ある対応と見られるのです。

逆に誠意が無い対応は、返済日を3日~4日程度過ぎてから連絡をしてきて、来月の給料まで待ってほしいと何もせずに言う人です。返済金額が3万~4万円の高額返済ならば分かりますが、1万円ぐらいの支払いであれば利息は5千円~6千円程度になりますので、利息分だけの返済をとりあえず入金することが誠意ある対応の一つかもしれません。

ちなみに、返済額全額は払えないにしても、利息分だけなら払えると割っている場合は返済日よりも前に借りている金融機関に連絡をし、利息分の支払いだけ返済日に支払う事を了承され、返済日当日利息分だけでも支払えれば延滞とはされず、遅延損害金が発生することが防げます

そもそも、遅延損害金は延滞した返済日以降の支払い返済から引かれていきます。というのは支払った約定返済額の中で一番先に充てられるのが遅延損害金なので、約定返済額が1万円ならその中の何円かが延滞したことによる遅延損害金の支払いとしてあてられ、次に通常利息、最後に残った分を元金の返済として扱われます。

利息は金融機関が貸金業務をするうえで、得て良い正当な利益なのでそれさえ返済日に払ってもらえれば、損害を被ることはありません。
その為、遅延損害金も発生しないのです。その代り利息と遅延損害金の支払いだけをしていると元金は減っていかないので、返済期間が長くなる分最終的な支払額は増えます。

しかしながら、毎月の最低入金額よりも下回る返済の場合は、必ずカードローン会社に事前に確認することが大事です。勝手に利息分だけを返済した場合、事情を知らないカードローン会社から残り分をすぐに入金するように催促されます。あくまでも今できる最大の誠意として利息分の返済だけでもしていいのか、まずは電話で確認することが最も大事なことなのです。

遅延損害金分が返済できない場合は任意整理?

既に債務が嵩みすぎて、到底このままでは返済が出来ない…という場合は、一度任意整理を考えた方が良いかもしれません。

任意整理は、弁護士や司法書士を通して貸付側と交渉することで、利用者が支払える範囲までに返済額や利息を減額出来る手続きです。

任意整理をすると大体、遅延損害金分の支払いは免除されることが多いです。

しかし、今まで借りた分に対する返済は任意整理後3~5年以内に分割で確実にしていかなくてはいけません。

加えて、任意整理も債務整理の中の一つですから、当然信用情報に異動情報として記載されます。
その後、5年間は信用情報に記録が残りその間、ローン契約などは一切できなくなります。

返済が滞って、遅延損害金も積りに積もってしまいどうしようもない場合は、そのまま放置するよりも、一度すべての債務にカタをつける事を検討してみた方が良いといえます。