カテゴリー別アーカイブ: カードローン体験談

銀行カードローンを借りた原因とレイク借り換えの体験談


カードローンで借りた男性画像
元々貧困生活を送っていた私はいつか困ったら金融機関でお金を借りようと思っていました。

大学生時代に作ってしまった奨学金は、高額な学費が掛かる医療系の大学だったために毎月五万円の返済の義務が生じ、それだけでなく実家の父親も競馬で借金を作っており、病気の母親に仕送る医療費もあり、頑張って働いていてもカツカツ生活となっていました。

長い間貧困生活を送ってきた私はプライドやら恥やらがほぼ無くなっており、お金のためならば土下座をするまでになっていました。

他人に「お金のために土下座をするって人間らしくないよ。プライド無いね」と軽蔑にも似た哀れみの言葉を掛けられてしまい、そこで初めて自分が人間以下のところへ落ちてしまった事を自覚してしまいました。

個人には既にお金を借り過ぎてしまい、それどころかお金のせいで人間関係にも亀裂が走っている始末、実家にはお金を借りることは不可能どころか仕送りが必要、兄弟は実家が困窮していても一銭も援助しようとは思わないようであり、とうとう誰にも頼れなくなってしまった私はついに金融機関に辿り着きました。

その際、奨学金の毎度の返済額が大きかったのでそちらも含めて金融機関のカードローンに借り換えて月々の返済額を下げよう(カードローンだと最低返済額が2,000円や4,000円という低額になる場合がある)かとも考えたのですが、金利の差が圧倒的に奨学金の方が低い事から奨学金分は借り換えなどせず、そのまま返済していくことにしました。

どうしても苦しい時だけは、たまに金融機関から他に使う金額と共に奨学金返済の一部に充てるお金を借り入れるという形にしました。

消費者金融よりも金利が安い銀行カードローンへ申込みしました

お金に困った生活をしていただけあり、消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が金利が安いと知っていたために、銀行系のカードローンに申込みをしました。レイク口コミで新生銀行カードローンレイクが気に入ったので、レイクに申込みすることに決めました。

実家の父親が借金を作っているのでお堅い銀行系だと審査に通過しないだろうか、と心配をしたのですが心配をしても仕方が無い、とやや投げやりな気分でネットキャッシングを行ないましたが、審査の結果融資可能、限度枠五十万円とのことで申込みをして良かったと安堵しました。

後日知ったことですが、家族の信用情報に問題(異動情報)があったとしても、カードローン申し込み本人の審査に影響はあまりないようです。

しかし、大きな金融事故を家族がしてしまったことのある金融機関では契約が出来ないこともあるらしいです。

自身の父親が借りていたのは自分が選んだ契約先とは違い、その銀行の保証会社でもない消費者金融だったので、自身のカードローン審査では問題にならなかったようでした。

サラリーマン金融や個人の金貸し業者からお金を借りているというと危ない、怖い、というイメージがつきまとうけれど、銀行からお金を借りて危険な目に遭ったり夜逃げをしたという話は聞かないので銀行系は安心だろう。と思ったのも選んだきっかけの一つです。

新生銀行カードローン レイクの金利は実は高かった!

新生銀行は消費者金融と違い、銀行カードローンなのでそこまで詳しく調べることなく口コミを見て簡単に決めてしまいましたが、利用した後によくよく他の銀行を見てみると、全然レイクよりも金利が安いことが分かりました。

新生銀行カードローン レイクは確かに銀行カードローンなのですが、元は消費者金融だったことから、金利は4.5%~18.0%と他の消費者金融と同じ金利でした。

安易に銀行カードローンだからと言って決めてしまいましたが、カードローンで金利が低いと言われているのは、金利が15%未満のことを言うらしく、三井住友銀行(年利4.0%~14.5%)や三菱東京UFJ銀行(年利4.6%~14.6%)のローンが該当します。

他にも今はソニー銀行(年利2.5%~13.8%)やりそな銀行(年利3.5%~12.475%)などがあり、レイクの金利は全く低金利な部類ではなかったのです!

銀行で借りれたことで全く周りを見ずに申込みした自分がものすごく浅はかだったことを知り、そして後悔しました。新生銀行カードローン レイクがダメなわけではなく、無利息期間もあって、提携ATM手数料も無料と、消費者金融に比べると全然メリットが多いのですが、金利だけを見るとやはり高い印象になってしまいます。

そこで考えたのが、もっと金利が安いカードローンへの借り換えです。私はレイクで30日間無利息を受けているので、ここからさらに低金利なカードローンに借り換えすれば1番メリットがあるのではないか?と思いました。

murisokuちなみに、新生銀行カードローン レイクには無利息期間が二種類あります。一つは30日間無利息、もう一つは契約限度額が200万円までで、180日間5万円の利用が無利息になるという物です。
ただし適応されるのはこれら二つの内どちらかだけとなっています。契約限度額が200万円以上の場合は30日間無利息サービスになります。


借り換えを考えた時、銀行カードローンでも新生銀行カードローン レイクで良かったな。と思ったことに、銀行口座が不要で契約が出来たことが挙げられます。

わざわざ銀行口座を開設してまで、新生銀行カードローン レイクを契約していたら、その銀行の口座が利用できないかもしれないのに、他のカードローンに借り換えよう!とはなかなか思わなかったかもしれません。

その点では、銀行口座開設不要のカードローン契約だった為に、カードローン借り換えに対して腰が重くならず良かったと思いました。

レイクから三井住友銀行カードローンへ借り換えたメリット

レイクからどこに借り換えしようと悩みましたが、候補としては、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のメガバンク、それ以外にはオリックス銀行カードローン、静岡銀行カードローン(全国対応している地方銀行)がありました。

借り換え先を選ぶ基準としては、銀行口座開設をする必要がないこと、審査時間が早いこと、提携ATM手数料が無料なことが柱としてありました。

銀行口座開設はみずほ銀行・静岡銀行が必須となっており、その他の銀行は銀行口座不要でもOKで、どの銀行も審査は最短即日以内なのでけっこう迷いました。

決め手となったのは審査時間で、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は最短30分で審査が終わるのを見て最終的に決めました。なぜ三井住友銀行にしたかと言えば、たまたま銀行口座を持っていたからです。

かなり昔に作った口座だったので忘れていましたが、申込みした後でふと思い出しキャッシュカードを探したところ見つけました。

三井住友銀行カードローンは申込みしてから審査結果までは本当に30分以内に連絡がありました。途中で一度私の携帯に連絡があり、本人確認と使用使徒が借り換え目的だったことから、どこのカードローンと借り換えするのか、業者名と今現在の残高を聞かれました。

女性の人からの電話でしたが、対応は非常に良かったです。メガバンクのこともあって審査が厳しいと予想してましたが、レイクを完済することを条件に60万円で借り換えとして融資OKをもらいました。

金利は14.5%でしたが、新生銀行カードローン レイクは金利18%だったので金利を3.5%借り換えによって引下げすることができたのです。

レイクでは約1か月(30日間)無利息で借りたことから、実質的に払った利息は2か月間であり、その後に低金利な三井住友銀行カードローンへ借り換えできたことは私にとって最も良い借り換え方法だったのかもしれません。

最初はもっと低金利なカードローンに申込みすれば良かったと思ったのですが、よく考えれば借り換えすることが決まっていたのならば、最初に申込みするべきなのは無利息があるカードローンになるのです。

無利息が付いているカードローンはレイク以外にもプロミス、アコム、ノーローンなどがあります。ノーローンは1週間しか無利息になりませんが、完済すれば翌月からなんども無利息を利用すできるメリットがあります。

時に、借り換え前のレイクはノーローンと、借り換え後の三井住友銀行はプロミスと提携しており、お互いの自動契約機で申し込み契約やローンカードの発行が出来ます。
提携先のローン契約機も合わせて使えるとなると、わりとどこでも借り入れや返済が出来て便利です。

特に、三井住友銀行はプロミスの契約機と併せると日本全国で1,820台(2016年6月)もあるとのことで、外出先での現金引き出しにも困りません。

金利だけにこだわるのではなく、無利息やATM手数料などの全てを考えたうえでカードローンを決めることが最も大事なことだと知りました。これからカードローンを借りる人は、金利以外の面もよく調べてから申込みすることをおすすめいたします。