おまとめローン」カテゴリーアーカイブ

消費者金融でのおまとめを考えるならアイフルおまとめMAX


おまとめローンの契約は銀行でするのが低金利で毎回の最低返済額なんかも負担が少なく、おまとめするメリットが大きい。
というのはおまとめや借り換えを一度でも考えたことのある人ならば分かり切っている事だと思います。

しかし実際には、銀行でおまとめを申し込んで通らなかった…今までに銀行から借りたことがない…というケースもあるはずです。

そんな時に思い至るのは、消費者金融でのおまとめは本当に意味(メリット)がないのか?という事ではないでしょうか。

おまとめローンのプランも消費者金融は銀行と比較すると確かに普通のローンと同じく金利が高いです。

例えば、複数借り入れの中に一つでも銀行での借り入れがある人はその時点で抵抗感もある事かと思います。

しかし、既に借り入れが銀行を含んでいたとしても3社ほど嵩んでいる場合には、そのまま各々に利息を払うよりおまとめした方が支払いが楽になります。

加えて、返済日が一つになるのはおまとめローンの契約先が銀行であろうが消費者金融であろうが変わらないので、その分複数の返済日が近づくたびにソワソワするようなストレスが減ります。

ハッキリ言ってしまうと、借り入れが複数ある事のほうが、消費者金融でおまとめをするのは損である。銀行でおまとめが出来なければ意味がない!などと言えるような状態ではありません。

完全な多重債務での俗にいう借金地獄へ陥ってしまう前に、どこかでは腹を括って一度返済に徹する必要があると考えていただいた方が良いです。

消費者金融でおまとめ契約を検討する際にオススメなのが、アイフルのおまとめMAXというおまとめ専用ローンです。

アイフルを利用したことのある方必見!おまとめローン

借入先がいくつもある中の内の一つがアイフルである場合、または過去にアイフルで契約していたことがある方は、特にアイフルおまとめMAXでのおまとめローン契約も視野に入れていただくといいと思います。

ただし、アイフルを利用したことがない方は借り換えプランの方(かりかえMAX)になってしまうので注意が必要です。

そして、あくまでおすすめなのはアイフルおまとめMAXの方だけです。

おまとめMAXが何故おまとめローンとしておすすめ出来るかといえば、金利が15.0%で返済期間が最長でも10年と定められているからです。

また、銀行をおまとめ先とする場合には、目的別ローンとしてのおまとめローンではない為に追加借り入れも可能ですが、このおまとめMAXはフリーローンやカードローンではないので、おまとめ後の借り入れが一切できません。

おまとめMAX基本情報

金利12%~15%
限度額1万円~500万円
毎月の最低返済額融資額
100万円=17,000円
200万円=33,000円
300万円=49,000円
400万円=65,000円
500万円=81,000円
*実質年率15% 返済回数120回の場合
返済日6日・23日・27日のいずれか
返済期間(回数)最長10年(120回)

完全に返済一徹で、必要以上に返済期間が長くなく、金利が良心的である為アイフルのおまとめMAXはおすすめです。

例え、銀行の通常カードローンでおまとめが出来たとして金利やその都度の返済額が抑えられたとして、追加で借り入れが出来ては結局まとめたところで残高はなくなりません。

今までと同じように自由に自分の裁量で借り入れが出来る状況で、はたしておまとめ前と同じ状況には一切ならないといえるでしょうか?

複数社から借り入れるにあたって事情は様々ある事でしょうが、一番多い理由としては一つ目のローンの返済が出来なくなったから。借入先が多数ある方が実際には今ない額のお金が簡単にすぐ手元に来るから。だと言われています。

自己管理だけでは程度はまちまちにしても甘えが出てしまうのが人というものでしょうから、もし上記のような理由で借り入れが嵩んでしまったならおまとめMAXのように自由が利かないけれど、損はしない(出来ない)おまとめローンを選択するという事は大切だと思います。

おまとめMAXは総量規制例外になる

アイフルは消費者金融ですから、複数社の借入残高が自身の年収の3分の1以上ある場合はおまとめしたくても出来るかどうか不安に思う事でしょう。

ところが、おまとめMAXで契約する場合、総量規制例外貸付となるので総借入残高がもし年収の3分の1以上でも、融資を受けることが可能です。

契約先が貸金業者でも借り換えやおまとめ契約する場合は、顧客に一方的に有利な借り入れとなる為、総量規制による年収制限から外れます。

その為、アイフルおまとめMAXでは年収の3分の1以上の希望額でもおまとめローン契約が可能なのです。

ただ、年収制限を超えて借り入れが出来るのは、契約時のみとなります。

総量規制例外貸付は、総量規制が全く及ばない除外貸付とは異なり、一応ベースは総量規制に則っている貸付の仕組みです。

例外貸付の仕組みを利用する形で契約をした場合、契約時は年収を超えての借り入れも出来ますが、その後は年収の3分の1以下に残高がなるまで追加借り入れが出来ません。

おまとめMAXの場合は、返済専用ローンなので契約後は例外貸付の特徴に関係なく、追加借り入れは出来ませんが例外貸付の特徴を踏まえたローンになっているといえるでしょう。

アイフルのかりかえMAXも他の借り換え・おまとめ専用ローンよりは低金利!

時に、アイフルのおまとめMAXはオススメなのにかりかえMAXは何故オススメできないのか?というと、金利が高いからです。

といっても、アイフルおまとめMAXの年12.0~15.0%と比較した時に金利が高いのであって、他の消費者金融の借り換え専用ローン金利とはそこまで差がありません。

消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローン金利
アイフルおまとめMAX年12.0%~15.0%
アイフルかりかえMAX年12.0%~17.5%
アコム借り換え専用ローン年7.7%~18.0%
プロミスおまとめローン年6.3%~17.8%
SMBCモビット年3.0%~18.0%

SMBCモビットは専用ローンはありませんがおまとめ契約が可能です。

寧ろ、消費者金融の専用ローンの中では、アイフルかりかえMAXも低金利の部類なので、もし消費者金融同士で借り換えをするなら、アイフルかりかえMAXも契約先として検討する余地があるといえます。

もし、銀行への借り換えやおまとめに失敗してしまった場合は、アイフルのおまとめMAXまたはかりかえMAXを契約先として考えてみてください。


おまとめローンは返済専用のローン?おまとめ後の借入はできない?


おまとめローン後の借入画像
「おまとめローン」を扱う業者が増えたことで、おまとめローンの申込者数も増加傾向にあります。そして、多くの人のおまとめローンに求めるメリットが金利の削減です。

それによって利息が減り、毎月の返済が楽になることを期待しています。おまとめローンは複数の借入を一つにまとめるため、おまとめローン業者からの借入額が高額になることから、貸出金利は現在の金利よりも当然低くなります。

確かに、金利が下がる分月々の返済額は少なくなりますが、金利が3~5%低くなったからといって高額の削減にはつながりません。

借入金額にもよりますが、毎月の返済額がせいぜい2~3千円低くなるくらいと思った方が無難です。それよりも、返済期間を長くすることの方が返済額を少なくするということでは大きな効果があり、1万円以上カットすることも容易です。

ただし、返済期間を長くすると利息が増えて結果的には現在の借入額よりも多い金額を返済することになります。2つのメリットを得ることは無理だということです。

おまとめローンのメリットは簡素化と返済計画の立て直しにあり!

指さし男性イラストおまとめローンの本当のメリットは「管理の簡素化」です。カードローンの数が複数あると返済日も複数あり、ひと月に何回も時間と神経を使わなければなりません。

また、返済を漏らしたり、間違えたりする懸念もあります。それが、おまとめローンによって借金が1つに集約されれば、1つの返済にだけ気を使えば済みます。

さらに、元金の減り方や利息の動きなども一目で把握できるため、確実な返済計画を立てられます。それが、おまとめローンの最大の効果です。

多重債務者というのは得てして返済に対する管理が杜撰になっている面があり、その雑な管理が新たな借金を増やすという負のスパイラルに陥っています。

なお、返済をコンビニATMから行っている場合は、返済が1つになることでATM手数料をカットすることもできます。

そして、おまとめローンの特徴が総量規制の例外扱いになっていることです。おまとめローンは総量規制の例外規定にある「利用者の一方的有利となる条件」に該当するため、借入額が年収の3分の1を超えたとしても借入が認められます。

おまとめローンは目的ローンのため新たな借入は原則禁止です!

ポイント説明男性イラストところで、多くの人が誤解していますが、おまとめローンはカードローンではなく、借り換えのための「目的別ローン」です。

従って、カードローンのような何回でも借入を繰り返すということはできず、一度契約をしたら借入金を完済するまで新たな借入はできません。

仮に、完済していない内に他の業者への借入の申込が判明すると、おまとめローン業者から借入残金の一括返済を請求される場合もあります

おまとめローンの利用者に対して貸出をする業者はありませんが、借入を申込んだという履歴が信用情報機関に残るため、申し込んだこと自体は分かってしまいます。

なお、新たな借入が禁止されているのは、すべての借金の返済を目的としておまとめローンを利用しているのに、その最中に新たな借入をすることは信義上、許されないからです。そのため、おまとめローンの審査は通常のカードローンより厳しくなっています。

カードローンはフリーローンよりもおまとめ後の自由度が高い

さらに、おまとめローンを調べるとカードローンとフリーローンという言葉が入り乱れていることかと思います。
実はこの二つ同じのようで借り入れ・返済の自由度に差があります。

なぜ、ここでそのような違いについて言及するのかといえば、どちらもおまとめローンとして利用できるからです。

まず、両方において注意したいのがおまとめでの利用目的が前提であれば、消費者金融のカードローンやフリーローンではなく銀行のローンプランとしてのそれらをおまとめ先に推奨していることが多いです。
消費者金融のカードローンやフリーローンは特別な状態(例:銀行ではおまとめ契約が望めない属性または度を越えた多重債務など)でない限り、おまとめをするメリットはほぼありません

ローンの一本化をする時に、おまとめ後も自由な借り入れ・返済を続けたい場合には銀行の通常カードローン(おまとめ用カードローンではない)での契約がいいでしょう。
この場合、おまとめをする意味はローン利用を続けながら金利をなるべく抑える事になります。

返済も随時返済がATMやネットなど多彩な方法で自分の都合に合わせて出来るとともに、借り入れも同じように出来るわけですから、完済を目指すのには正直あまり向きません。

また、通常のカードローンでおまとめをするには融資額が高額になる為、自ずと審査のハードルは高くなります。

逆に、フリーローンというのは多目的ローンともいわれ、まるで資金用途問わず利用も自由に出来そうなニュアンスを含みます。
しかし、実際は用途は何でも良いものの「何に使うか」はハッキリしている必要があります。

というのも、フリーローンでの貸付は高額の融資を一度だけするというものが多いからです。
そのあとは、借りた額の返済を完済するまで続けるだけで、追加借り入れは出来ない、または再度融資の申請が必要となります。

加えて、返済方法も約定返済日に口座からの引き落としや振り込みによるものだけで、随時返済に対応していない事も少なくありません。

追加で借り入れも出来なければ、返済も最初の計画の通りに進むので完済まではスムーズにし易く、ローンをまとめてそれ以上借りないようにするという目的の方には多少不便でもフリーローンのおまとめも十分する意味があるでしょう。

借り換え・おまとめを金融機関に相談してみる!

おまとめローンという商品名でなくても、借り換えやおまとめ先として利用できるローンもあるので、結局どこでおまとめ契約出来るのか分からなくなってしまう事もあると思います。

また、本当に自分のローンは一本化した方が低金利になったり、返済額が下がったりというメリットがあるのか、なかなか一歩が踏み出せない事もあるでしょう。

もし、おまとめローン契約を考えているものの、本当に希望のローンで契約出来るのか、利息や返済額がカットできるのか不安な場合は、申し込みを検討している金融機関に問合せて相談してみましょう。

特に、銀行ではおまとめできず、消費者金融の専用ローンでのおまとめを検討している場合は相談してから申し込む事をオススメします。

金融機関はそれぞれ問合せ先として電話番号を用意していたり、昨今はメールフォームなどからも簡単に相談が可能です。

ちなみに、弁護士や司法書士などの専門家に相談することも考えるかもしれませんが、そちらは債務整理などを勧められる可能性があります。

個人で営んでいる弁護士事務所などは、相談者がおまとめローンでまだ立ち直れる状態でも、利益を先に考え債務整理を勧めてくる事が中にはあるようです。

どうしても専門家に相談したい場合は、法テラス(日本司法支援センター)やJCCO(日本クレジットカウンセリング協会)などに相談に行った方が中立的な意見が聞けるでしょう。


おまとめローンは返済期間が重要なポイント!


返済の階段画像
近年、消費者金融は「おまとめローン」を販売するようになっていますが、その理由には新たなサービスの提供とともに、主力のカードローンにおける大幅な貸出額の減少もあります。

2010年に貸金業法による総量規制が導入されたことで、利用者の年収の3分の1までに貸出は制限され、1社で50万円以上もしくは複数の貸金業者からの借り入れ総額が100万円以上の場合に利用者の収入証明が必要になる事もあって、どの業者も貸出総額はピーク時の半分以下にまで激減しています。

その為、高額の貸付が出来るおまとめローンはその貸出額減少分をカバーするためのツールでもあります。

おまとめローンのからくりは一本化によって上限金利が下がること

ポイント説明男性イラストおまとめローンを利用する第一の目的は金利の削減です。ただ、金利が下がるのは何もおまとめローンが特別な金利の設定をしているわけではなく、単に借入額が増えたことで金利が低くなる、というしくみなのです。

例えば、消費者金融から50万円の借入をすると金利は通常18%になることから、50万円の借入を3社から行えば、18%の金利で150万円の借入をすることになります。

しかし、3社からの借入を1社にまとめて借入額を150万円にすれば、通常でも金利は15%以下になります(貸金業法では100万円以上は上限金利が15%のため)。
これがおまとめローンにして金利が低くなる理由です。

さらに金額が大きい場合には、10%台をきる金利設定でおまとめローンは契約できることもあるので、借り入れ利用者に有利なローンプランといえます。

大体、融資額300万円くらいから8~9%の金利になります。

また、ローンを一本化すると支払い日も統一され管理しやすくなり精神的な不安も減りますし、借入額にかかる金利も一つですから利息の計算がし易くなるというメリットもあります。

3%程度の金利引下げでは返済金額自体はそこまで下がらない

指さし男性イラストおまとめローンの場合、金利が若干低くなっただけではそれほどのメリットはありません。例えば、金利が18%で金額が150万円の借金を3年(36回)で返済する場合、毎月の返済額は約5万4,000円です。

そこで仮に、金利が15%に下がったとしても毎月の返済額は約52,000円にしかなりません。一方、利息は約45万2,000円が約37万2,000円に減るため8万円が助かりますが、返済自体がそれほど楽になるわけではありません。

さらに金利が5%下がって13%になったとしても毎月の返済額は5万500円であり、18%の時より3,500円しか減りません。かといって、金利を10%以上低くしてもらおうというのは非現実的です。

要するに、おまとめローンは金利を低くするだけではさほど意味がなく、金利の削減に返済期間の延長が加わると効果を発揮します。

おまとめローンでは返済期間を長くすると金利を下げても返済総額(総支払額)は増える?

例えば、返済期間を3年ではなく5年(60回)にすると、金利が15%でも毎月の返済額は約3万5,600円になり、金利が13%になると3万4,100円まで減少します。2万円近く減るため、返済に対する負担感が大幅に解消できます。

ただし、返済期間を長くすればその分利息を支払う期間も長くなるため、返済総額はおまとめローンにする前よりも多くなります。

【注目】例として、金利18%の150万円の借金を3年で返済すると、返済総額は約195万2,000円ですが、同じ150万円を金利15%にしてもらっても返済期間が5年になると、返済総額は約214万1,000円にアップし、約19万円が増額されます。

【金利18% 150万円 返済期間3年】→総返済金額1,952,000円

【金利15% 150万円 返済期間5年】→総返済金額2,141,000円

金利を3%引き下げたものの、返済期間を3年から5年に増やしたことで、完済までに支払う総返済金額は約19万円増える。しかし、月々の返済金額は大きく下がるので、返済は楽になります。

金利が13%であっても返済総額は204万7,000円になり、増えることに変わりはありません。

おまとめローンにしたからといって何から何まで楽になるわけではないため、初めに何を目的にするのかを明確にすることが肝心です。

多少、返済期間が延びても直近の月々の返済負担を減らしたいなら、最低返済額が少なくて済むところでおまとめするのがいいでしょうし、ローンを早く完済する目的なら金利はとにかく低く、毎度の返済額はそれなりに支払うところで総支払額の利息分の負担軽減をしての返済が可能なところがいいでしょう。

また、繰り上げ返済をするのに銀行振り込みしか方法がなく、振込手数料がかかってしまうような金融機関はあまりお勧めしません。

ATM返済での繰り上げ返済も同じく、時間外や有料提携ATMを利用して手数料がかかってしまうような返済の仕方は避けるべきです。

おまとめ後の完済までの返済期間を短縮するには、繰り上げ返済は欠かせません。
総支払額を抑えたり、返済期間を短縮する為に繰り上げ返済をするというのに手数料がかかってしまっては、自分で負担額を増やしているようなものですから注意しましょう。

ローン一本化に失敗しないために

おまとめは確かに審査に通れば、利用者にある程度は有利になるローンの仕組みですが、一本化したいローンの金額全てがまとめてもらえないこともあります。

例えば、短期の延滞が何回かあるという履歴がある場合や、年収がまとめたいローン残高に見合わないとそういう事があります。

3~4社以上ある借入先全部の残高とまではいかなくても、2社分をとりあえずまとめて金利が確実に下がるならおまとめした方が得ですが、金利1~2%の差異であれば全額おまとめしてもらえそうな他の金融機関をあたるか、自分の収入と残高の頃合いを見て審査に問題がなさそうになってから、全部を文字通りいっぺんに一つのローンにまとめた方が良いです。

ただ、おまとめローンでの契約をすると基本的に追加での借り入れが出来なくなるので、少しでも借りてしまうのを防ぎたい、確実に完済をしていきたいという事なら、借入先の一部だけでもおまとめ契約してしまって、物理的に返済しかできなくしてしまうのは、借り過ぎを防ぐには良い方法かと思います。

ちなみに、他の金融機関をあたる場合には短期、極端な例を出すと1ヶ月に3社も4社もおまとめ契約をあちらこちらで申込むのはいただけない(審査回数なども履歴で残る)ので、間をおいてリベンジするようにしましょう。

また、おまとめローンは扱う金額が高額で、中には多重債務で首が回らなくなっている方も少なくない為、悪徳業者が甘い売り文句を謳っていることが少なくありません。
そのような業者の詐欺行為などにひっかからない為にも、おまとめローンに限りませんが知名度のある大手の金融機関を利用するようにしてください。