レイクALSAは銀行カードローンじゃない!?借り換えた方が良い?


新生銀行カードローンレイクが2018年4月以降新規受付を停止しました。

では、レイクはとうとうなくなってしまうのか!?といえば、また新たに新生フィナンシャルのカードローン「レイクALSA(アルサ)」に生まれ変わります。

レイクALSAは消費者金融カードローン?

その際注意したいのが、レイクALSAは銀行カードローンではないという事です。

レイクALSAの基本情報は下記の通りです。

金利限度額審査時間融資日数
4.5%~18.0%
最大500万円最短即日※即日可能
(平日14時までに契約完了、以降は自動契約機利用で可)
専業主婦収入証明書ATM手数料口座開設
不可50万円まで不要
新生銀行レイクとセブン銀行ATMは終日無料不要

金利や限度額などは新生銀行カードローンレイクの時と特に変わりません。

ただ、レイクALSAは貸金業者が扱うカードローンとなるので、総量規制の対象となります。

したがって、自身の年収の3分の1までしか融資を受ける事が出来ません。

収入証明書も、レイクALSAで50万円以上を借りる場合や他社借入含めて100万円以上の借入となる場合に提出が必須です。

新生銀行カードローンレイクには、無利息期間がありましたがそれに関してはレイクALSAでも変わらず対応しています。

レイクALSAを初めて契約する場合は、180日間もしくは30日間の無利息期間を受ける事が可能です。

180日間無利息は、契約限度額が200万円以下で融資金5万円までの範囲が、180日間利息がかからないという仕組みになっています。

レイクALSAは最短即日審査・融資に対応!

時に、レイクALSAは銀行カードローンではなくなったので、現在の銀行過剰貸付の自主規制の影響を受けません。

その為、最短即日審査も最短即日融資も対応可能です。

審査は通常時間帯8時10分~21時50分まで、毎月第3日曜日8時10分~19時までが対応時間となっており、その時間内までに申し込めば審査結果が当日中に分かります。

その時間内にネット申込をすると、申し込み完了後の画面で審査結果が直ぐに確認可能です。

審査完了後、平日14時までに契約を完了し書類の提出をする事で、レイクALSAから最短即日振込融資をしてもらえます。

平日14時までに間に合わない場合でも、最短即日審査対応時間までに審査を完了し、自動契約機の営業時間までにローンカードの発行をすればATMから即日借り入れが可能です。

レイクALSA公式サイトはこちら⇒

銀行カードローンよりもレイクALSAは金利が高い?借り換えを検討しよう

先述もした通り、レイクALSAの金利は新生銀行カードローンレイクと全く同じです。

新生銀行カードローンレイクは、銀行カードローンの中でも金利が高い部類でした。

したがって、レイクALSAも低金利とはいえません。

その為、もし、低金利でカードローン契約をするなら、レイクALSAではなく低金利な銀行カードローンを契約する事をオススメします。

新生銀行カードローンレイクは、新規受付は2018年4月以降受け付けませんが、既に契約している方は引き続き新生銀行カードローンレイクの貸付条件で借入・返済が可能です。

しかし、今後のサービス発展は見込めないので、なるべく早いうちに他のカードローンへ借り換えた方が無難といえるでしょう。

新生銀行カードローンレイクを利用していた方からすると、そのままの流れでレイクALSAへ移った方が良いような気がするかもしれません。

また、おそらく新生銀行カードローンレイクからレイクALSAに移るのは難しくないでしょう。

ところが、どうせ残高を移すなら、新生銀行カードローンレイクよりも低金利な銀行カードローンへ借り換えた方がメリットがあります。

新生銀行カードローンレイクやレイクALSAよりも低金利な銀行カードローンとして以下が挙げられます。

金融機関(カードローン)金利
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
三井住友銀行年4.0%~14.5%
静岡銀行カードローン セレカ年4.0%~14.5%
新生銀行スマートカードローン プラス年4.5%~14.8%

新生銀行カードローンレイクからレイクALSAに移っても、金利が高くなるような事はありませんが、低金利になることもありません。

どうせ同じ借り換え手続きを踏むなら、借り換え先を低金利な銀行カードローンにした方が、その後の返済が楽になります。

加えて、新生銀行カードローンレイクで残高をひたすら返済していった場合と、低金利借り換えをして返済をしていった場合では、完済までにかかる利息額が変わるといえるでしょう。

どうしても新生銀行グループのカードローンが良い場合は、新生銀行スマートカードローン プラスというカードローンなら低金利借り換えができるので、検討してみてください。

カードローン借り換え審査の詳細はこちら☞

レイクALSAには完済応援プラン(借り換え)がある!

2011年9月30日以前に新生フィナンシャルで契約した方専用という制限はありますが、レイクALSAには完済応援プランという借り換え・おまとめ専用ローンがあります。

その為、もし2011年9月30日以前に昔の消費者金融レイクを利用していたことがある方などは、完済応援プラン(借り換え)で契約するのもオススメです。

おまとめローンにも対応しているので、もし新生銀行カードローンレイク以外にも他社借り入れがある場合は、特にレイクALSAの完済応援プラン(借り換え)を利用するメリットがあるといえるでしょう。

というのは、完済応援プラン(借り換え)の金利が年13.0~17.0%と、通常のレイクALSAや新生銀行カードローンレイクの金利と比べて、金利が低いからです。

また、低金利借り換えがしたくても新生銀行カードローンレイクやレイクALSA以外に他社借り入れがある場合は、他の銀行カードローンへの借り換えが上手く行かない可能性がゼロではありません。

もし現在、新生銀行カードローンレイクでとりあえず借り入れ・返済だけをしていて、他社借り入れもある場合は一度レイクALSAでおまとめ契約をしローンの一本化をする事も検討してみるのも良いでしょう。

レイクALSAや新生銀行カードローンレイクよりは、完済応援プランの金利は低金利ですが、さらに低金利の銀行カードローンと比較するとそこまで低金利ではない分、おまとめ審査通過できる可能性が高いと思われます。