WEB完結のカードローンってなに?郵送物なしって本当?


WEB完結の画像
消費者金融のカードローンには通常のカードローンの他に、「WEB完結」というものがあります。WEB完結というのはその言葉通り、インターネット上でカードローンの申込から契約、借入・返済まで全てできるということです。

WEB完結が採用された背景にはインターネットの利便性の活用がありますが、それとともに利用者の心理への対応も切り離せません。近年、大手消費者金融は銀行の傘下に加わっているため、過去、サラ金と呼ばれていた時代に比べるとイメージが良くなっていますが、それでも銀行カードローンと違って利用者には使っているところを知られたくないという意識が強くあります。

そこで、利用者以外の誰の目にも触れないでカードローンを利用できるようにしたのがWEB完結です。WEB完結ならば、審査も問題なく進めば審査担当者と電話で話す必要もありません。申込みから借入まで誰とも話すことなく、電話連絡もなしで借りることができるのです。(※審査で本人へ聞き取りが必要な場合がありますので、その場合は電話連絡が入ります。必ずしも電話連絡なしとは言い切れません。)

WEB完結の申込は当然、パソコンやスマホを使ってホームページから行います。申込用フォームに必要事項を入力して送信すれば手続きは終了です。なお、審査の際に本人確認書類(運転免許証など)の提出が必要になりますが、それもデジカメやスマホで撮った本人確認書類の画像データをホームページからのアップロードやスマホアプリからの送信で対応します。

WEB完結のメリットは?自宅への郵便物なしで借りられる?

【カードローンをWEB完結で借りるメリット】

  • WEB上で契約ができるので、契約書に署名する必要が無い
  • カード不要にすれば、自宅へのカードや契約書の郵送が無くなり何も郵送物が無くなる
  • 連絡は主にメールなので連絡も最小限。来店不要で簡単に手続きができる
  • 電話連絡も自宅への郵送もないので誰にも知られずに借りることができる

指さし男性イラストWEB完結のメリットとして、基本的にカードローン会社と利用者とのやり取りはすべてメールで行われ、審査結果の報告や契約の手続きもメールで案内されます。そして、WEB完結の目的が利用者以外に知られないことでもあるため、郵送物は一切なしで借りることができます。

WEB完結で有名なのはモビットです。モビットのWEB完結はいち早くカードレスに対応したため、「電話連絡・郵便物一切なしで借りれる」をキャッチコピーとして大々的にネットで宣伝していました。一度も借りたことが無い人は、「電話連絡も郵便物もなしで借りれるのが普通じゃないの?」と思うかもしれませんが、カードローンでは審査の段階で本人への在籍確認として携帯に連絡することは当然であり、その際に審査に関係する事項をある程度聞くことが一般的になっていました。

また、WEB上で完結するWEB完結の場合でもカードだけは自宅へ郵送されることになるので(郵送することによって居住確認も兼ねていたので)、郵送物一切なしは今まで無かったことなのです。

しかし、モビットはカードの発行自体を無くすことによって、自宅への郵送物を無くしたのです。もちろん、契約書類や利用明細書も送られることはありません。

モビットのWEB完結公式はこちら⇒

プロミスWEB完結画像これに追随したのがプロミスです。プロミスはWEB完結も可能で、返済を口座振替にする(対象金融機関は200行以上あります。)ことで、カード発行しないを選択できるようになり、カードの郵送を回避することができるようになりました。今まで自宅への郵送を回避するために自動契約機まで行って借りていた人も、プロミスがWEB完結も対応可能になったことによって、郵送を心配することなく安心して申込ができます。

WEB完結も対応可能なプロミス公式はこちら⇒

内緒で借りたいなら銀行カードローンよりもWEB完結の消費者金融へ!

ポイント説明男性イラストこのように、消費者金融のWEB完結では自宅へ書類やカードなど何も送られることなく借入することができます。一方、銀行カードローンの場合、WEB上で契約まで完結できるところが多くありますが、自宅へ郵送物一切なしはまだありません。

WEB上で手続きが完了となる、ネットバンクのオリックス銀行カードローンでも、自宅にはローンカードが届きます。他の銀行カードローンでもカードが自宅に届くケースが多く、銀行は昔の消費者金融同様、自宅へカードを送ることによって、最終的な在籍確認をしているのです。

このことから、誰にも知られずに内緒で借りたいと思っている人は、銀行カードローンよりもWEB完結をしている消費者金融のモビットかプロミスの方が断然に良いでしょう。金利は高くはなりますが、自宅に郵送が無いことは借入を知られる心配もありません。金利が安くても借金を知られてしまったら元も子もないですから。

WEB完結の簡単なまとめ

WEB完結のまとめ
WEB上で契約が完結できるWEB完結は多くのカードローンが採用していますが、自宅への郵送物を無くし、電話連絡も無しにしているWEB完結はいまのところ、消費者金融会社の一部しか対応していないのが現実です。しかし、今後郵送物や電話連絡が無いWEB完結はより一層拡大していくことは目に見えています。

なぜなら、利用者はそれだけ借入の事に気を遣っており、より安全にプライバシーを保護した借入先を求めているからです。カードローンを選ぶ選択肢の一つとして多くの人は金利が重要だと言いますが、それと同じぐらいに内緒で借りられる借入先もカードローンを決める上で大事なポイントになっているのは間違いありません。

WEB完結で借りる場合と、それ以外で借りる場合、何が違うのか?と言えば、そこまで大きな違いは無く、カードが有るか無いかの問題が大きいだけです。カードレスでWEB完結することによって、自宅への郵送は無くなりますが、実際はカードは有った方が便利です。WEB完結対応も可能なプロミスでカード不要で借りた後に、カード発行も可能なことから、一旦カードレスで借りておいて、後日カード発行をしてもらうパターンが1番良い方法と言えるでしょう。

WEB完結カードローンの特徴と要点

【借入・返済】
カードが発行されないことから(カードを発行することも可能です)、借入は銀行口座への振込キャッシング専用となります。仮に、現金が手元に必要な場合は振り込まれたお金を銀行口座から引き下ろします。
また、返済もATMが利用できないため、銀行口座からの引き落としの手続きが必要です。ちなみに、振込キャッシングも口座引落も手数料は無料です。

【取引確認】
借入・返済時における紙媒体の利用明細書は発行されません。従って、取引の状況を確認するには会員ページに掲載されるデータを閲覧します。

【在籍確認】
カードローンの審査では通常、電話による勤務先への在籍確認が行われます。WEB完結契約の場合も、原則同じです。
電話での在籍確認は業務担当者の個人名で行われるため、勤務先の同僚に知られることはありませんが、それでも心配する利用者が少なくありません。また、近年は個人情報保護法の観点から、取引先以外の業者からの従業員に対する問い合わせを受け付けない企業が少なくありません。
そこで、WEB完結に特化しているモビットでは、WEB完結契約できる条件を満たすことで、電話連絡一切なしにすることが可能です。
※審査によっては電話による在籍確認が必要になる場合もあります。