みずほ銀行カードローンは借り換え可能?利息は減らせる?


みずほ銀行カードローンは、借り換え目的での利用が可能です。

また、銀行カードローンの中でも最高金利が年14.0%と低金利なので、他社から借り換えるメリットが大きいカードローンといえます。

みずほ銀行カードローン基本情報

申し込み対象・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
外国人の方は永住許可を受けている方が対象
金利年2.0%~14.0%
限度額10万円~800万円
最低返済額1万円
返済日毎月10日

みずほ銀行カードローンの最高金利年14.0%は低金利!

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも最高金利が年14.0%と低金利です。

消費者金融の金利よりは勿論、みずほ銀行カードローン以外のメガバンクのカードローン金利と比較しても、一番低金利な設定となっています。

金融機関(カードローン)金利
みずほ銀行カードローン年2.0%~14.0%
三井住友銀行年4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行年4.6%~14.6%
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年4.5%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%

また、みずほ銀行カードローンで住宅ローンも契約している場合は、適用金利から年0.5%金利引き下げがされます。

すると、最高金利は年13.5%とさらに低金利になるので、みずほ銀行の住宅ローンを契約している又は契約する予定がある方は、借り換え先として検討しない手はないといえるでしょう。

金利が下がるという事は、完済までの総利息額が減らせる訳なので、少しでも安く借り入れをしようと思うならみずほ銀行カードローンへの借り換えは効果的といえます。

最高限度額800万円!高額の借り換えも可能

みずほ銀行カードローンの最高限度額は800万円と高い設定なので、借り換え額が高い場合もオススメできます。

また、銀行カードローンは基本的に契約する限度額が高いほどより低金利です。

その為、例に漏れることなくみずほ銀行カードローンも限度額が高い事で、高額の借り換えでも利息が嵩みにくいといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンの限度額毎の金利設定は以下の通りとなっています。

みずほ銀行カードローンの金利

利用限度額金利
10万円以上100万円未満年14.0%
100万円以上200万円未満年12.0%
200万円以上300万円未満年9.0%
300万円以上400万円未満年7.0%
400万円以上500万円未満年6.0%
500万円以上600万円未満年5.0%
600万円以上800万円未満年4.5%
800万円年2.0%

その為、残高が高額になってしまっている場合こそ、みずほ銀行カードローンのように最高限度額が高く、低金利な銀行へ借り換えた方が良いといえるでしょう。

最高限度額が低いカードローンへ高額の借り換えを申し込むより、やはり扱っている限度額が高い所へ申し込んだ方が借りられる可能性も高いといえます。

借り換えメリットが大きいので審査は厳しめ!

みずほ銀行カードローンが借り換え先としてオススメ出来るのは、上述してきたように大きな効果が得られるからです。

ところが、貸付条件が良い分、審査を通過する為にはそれ相応の返済能力がなくてはいけません。

したがって、借り換え前のローンなどで返済遅延や延滞などをしていると、借り換え審査に落ちる可能性が高いといえます。

勿論、金融事故などの重大な信用情報の問題がある場合も審査に通過出来ないでしょう。

加えて、借り換える金額が高額な場合は、信用情報だけでなく、年収や勤続年数、雇用形態といった属性も評価が高い状態であるのが望ましいでしょう。

また、みずほ銀行カードローンは契約に際して、みずほ銀行の口座が必要です。

もし、借り換える際に未だみずほ銀行口座を保有していない場合は、口座開設をする事になります。

みずほ銀行カードローンでは、毎月の約定返済を口座引き落としでするので、その際にみずほ銀行口座が必要です。

借り換えは急いでするものでもないですから、口座開設に時間がかかってもそこまで気にする必要はないでしょう。

低金利だけど毎月の返済額が高め?

カードローン借り換えをする際、金利の他に毎月の返済額を少なくするというメリットがある事もあります。

ところが、みずほ銀行カードローンへの借り換えは、金利は低くなりますが、返済額の少額化は望めません。

銀行カードローンで毎月の返済額が少ないところは、最低返済額が2,000~4,000円と本当に少額です。

しかし、みずほ銀行カードローンは最低返済額が1万円となっています。

その為、毎月の返済額を少額にする借り換えにはみずほ銀行カードローンはあまり向いていないといえるでしょう。

ただ、毎月返済額が高いと完済までの返済期間は短くて済みます。

返済期間が短いと利息額も嵩まないので、返済額が高い事によるデメリットはそこまでありません。

みずほ銀行カードローンは低金利なので、そもそも利息が嵩みにくいのに加え、返済額が高い事によって早期完済が可能です。

すると、完済時の総利息額の少額化に繋がるので、みずほ銀行カードローンで毎月の返済が遅れずに出来るなら、やはりメリットの方が大きいといえます。

とはいえ、借り換え前から返済が遅れているような場合は、みずほ銀行カードローンへ借り換えたことによって返済不能になってしまう可能性がゼロではないので、その場合は借り換えをオススメしません。